ナース 日記

プリセプティだった時は、先輩ナースをどの様に見ていましたか?理想と現実のギャップはどうでしたか?

私が初めて働いた職場は、看護学校付属の病院でした。
付属の病院という事もあり、プリセプター制度がとても充実していました。
新人看護師にとっても、ブランクのある看護師にとっても、プリセプター制度のある職場というのは安心する事ができます。
看護師は、人の命を預かる仕事ですから、失敗などは許されません。
何もわからない状態で現場に放置されるのは、とても不安ですし、仕事を覚えるのにも時間がかかってしまいます。

 

私が働きはじめた時には、同じ病棟に3人の新人看護師が配属になりました。
それぞれにプリセプターがついて、指導してもらいながら仕事をしていました。
でも、私が感じたのは、一言でプリセプターと言っても、人によってそれぞれ違うんだな、という事です。
私のプリセプターは、とても親切な方で、丁寧に説明してくれましたから、安心する事ができました。
でも、同期の一人についたプリセプターは、ヒステリックな方で、分からない事も気軽に聞く事ができない、
といった状況でした。
そうすると、仕事をスムーズにこなす事ができなくなってしまいます。
プリセプターを変えて欲しいなんて事も言えませんから、同期は苦労していました。

 

仕事が早く覚えられるか、時間がかかってしまうかというのは、プリセプターによっても違ってくると思います。
上手く指導してくれる先輩であれば、その分覚えも早いですし、逆に、何も説明してくれないような先輩だったら、
なかなか仕事を覚える事ができません。
看護師としての将来に影響してしまう可能性もあります。

 

これから、私もプリセプターになる事があると思いますが、自分の経験を生かして、
しっかりと指導できるようなプリセプターになりたいと思っています。