ナース 日記

民間病院のパート

フルタイムで日勤、夜勤を繰り返す勤務がしんどくなって、でも、看護師の仕事は続けたかったので、パート看護師になりました。

 

最初に勤めた病院は、仕事はそれほど大変ではなかったのですが、何となく、居心地が悪くて、というのも、長年いるベテラン看護師さんが全てを牛耳っていて、あまり良い雰囲気ではなかったんですよね。

 

少しは長く続けないと次の仕事にも影響するかな…と思いましたが、パートなのに嫌な思いをしてまで働く必要はないかな、と思い、転職しました。

 

同じ失敗はしたくなかったので、いろいろと事前に調べて、福利厚生はもちろんですが、通勤のしやすさも考えて、お給料はだいたい相場であれば良いという感じで選びました。

 

今の職場は、希望するシフトをだいたい通してもらえますし、常勤の方も年休をしっかり取って、残業もあまりない様子で、とてもゆとりある労働環境です。子育てしながら頑張っている看護師さん達も多くいて、とても励みになります。

 

働いている人たちにゆとりがあると、病院全体も良い雰囲気ですよね。患者様たちにも良い看護医療を提供出来ている自負も職員にあるようです。

 

パート勤務を始めた時は、看護師の仕事はもう良いかな、とまで思ってしまったのですが、世の中にはたくさんの病院があるので、自分と相性の良い病院が見つかるものだなぁと今は思っています。

 

子どもが小学生になると、いろいろなお母さんとの出会いも増えたのですが、私が看護師だと分かると、必ず、「パートでもお給料良いから、うらやましいわ。」と言われます。

 

確かにそうなんですよね。

 

専門職ですから、ちょとした営業や販売業よりも時給は高いです。

 

それだけのもちろん労や勉強をしなければいけないことたくさんありますが、出来る範囲で続けていけたらと思っています。